やめられないやめられない

3日坊主、先送り~

読書感想:「なぜ、あの人の交渉はいつも上手く「まとまる」のか?」

ブログ書くようになって本読み3日坊主は遠ざけた。今日はかなり前に先輩にもらって本棚に眠ってた本。

www.amazon.co.jp

「まとまる」と書いてあるけど、一向にまとまらないやつー。この本がいつまでも本棚の場所を取っていたのかと思うと悔しい。amazonの書評が提灯持ちばっかなの怖いぜ。

この本をくれた先輩はとある小さい会社にいた頃のエンジニアの先輩で、営業の能力が高く社長からも気に入られるような行動力のある人だった。でも何を思ったのか裁量労働制をいいことに途中から会社来なくなったヤバい人。僕は彼のことを会社に依存しない収入源を複数持ってる面白い人だなあと思っていた。
そんな先輩から唯一もらった本であるので、なにか教えたいことが書いてあったのかなと思ってペラペラ読み進めていると、 「「購入者」がクロージング間際なのに踏ん切りがつかない場合は大義名分を作ってあげよう」 というところに折り目がついていた。なるほどたしかにー。しかしこの章はその後展開されることなく終わった。

読んでてそうねと思えたのはこの章くらいだったわけだけど、先輩、あんたこの本僕に渡してどうしたかったんや・・・。 いや、もしかしたらお前の仕事っぷりはこの本レベルだぜとかい言いたかったのかもしれん。むう。